ボウリングのコントロールを良くする方法 ボウリング投げ方講座

ボウリング初心者にピッタリの投げ方とは!

更新日:

スコアを上げるためにボウリングの投げ方を知りたい人も多いかもしれません。

安定して結果を出すには、一定の動作でボールを投げる必要があるでしょう。

動きが毎回変わると結果にばらつきが出るため、初心者はフォームをチェックすることからスタートした方がいいです。

いろいろな投げ方にチャレンジする前に、まずは安定して投げることを考えるといいかもしれません。

難しいやり方よりもシンプルなフォームの方が、初めての人でも結果が安定しやすいです。

ボウリングをしていると上手な人の投げ方を真似したくなりますが、最初から真似をしてもスコアが伸びないことが珍しくありません。

上手な人は基本ができているため、投げ方を変化させてもスコアが安定します。

まだ十分な経験がないなら基本を覚えることを優先した方が上達がスムースになるでしょう。

初心者と経験者のフォームを比較すると、経験者は動きが滑らかなことが多いです。

動作がスムースな方がボールを狙った場所に転がしやすいため、まずは動きの滑らかさを意識しましょう。

経験を積むほど無駄な動きが減りフォームが綺麗になります。

【関連記事】

ボウリングでストライクを取る投げ方とは?華麗なフォーム7つのポイント!

自分の力でボールを動かそうとするとフォームが乱れて、目標とは違う場所に転がることが少なくない。

ボウリング初心者はピンを倒すにはボールを強く投げた方がいいと考えるかもしれません。

強いボールにするために投げるときに力んでしまうと、不自然なフォームになり軌道が安定しないことが多いです。

力みがフォームを崩す原因になることは珍しくないため、ボールの重さを活かした投げ方を心がけます。

つい力んでしまうことが多いですが、ボールの動きを妨げないフォームを目指しましょう。

一歩踏み出すときにボールを前に突き出し、ボールの重さを使って後ろまで振ります。

肩を中心にボールを振り子のように動かすといいです。

後ろまで振ったボールの重さを利用して前に投げると、狙った場所に転がるでしょう。

ボールを自然なフォームで投げられるようになったら、同じ場所に転がせるようにしよう。

振り子の動きを覚えたら狙う場所に気をつけるといいです。

ボウリングをするときはボールの動きをイメージするといいかもしれません。

狙った場所に投げるためにも同じフォームで転がせるようにしましょう。

安定したフォームを手に入れると上達スピードが速くなる傾向にあります。

フォームの乱れをチェックするためにも、同じ目印を目指して投げた方がいいでしょう。

ボウリング初心者は狙った場所に安定して投げられないことが少なくないです。

投げ方が同じでも目標が変わると結果が出ないので、床にある目印を利用するといいでしょう。

【関連記事】

ボウリングのコツ!スパットってなに?

床にある三角のマークを使って投げると、初心者でもスコアが安定することがあります。

同じように投げているつもりでも微妙なずれが生じることもあるので、床の三角マークを活用してボールを投げるといいです。

立ち位置を変えてボールの軌道をチェックすると、スコアを伸ばしやすいです。

自分では同じように行っているつもりでもスコアが安定しないなら、立ち位置をチェックするといいかもしれません。

スタート地点を決めて投げ続けることで投げやすい位置がわかります。

スコアを伸ばすには立ち位置も意識する必要があるので、さまざまな場所から投げて投げやすさを比較するといいでしょう。

位置によって狙いやすいピンが変わるため、スムースに投げられる場所を見つけるといいです。

ボウリング初心者でもスコアを伸ばすポイントを知れば、スムースに上達することが珍しくありません。

床の三角マークや投げる位置を意識するだけでも成績が上がるので、経験を積みながら投げやすいポイントを早く見つけるといいです。

-ボウリングのコントロールを良くする方法, ボウリング投げ方講座

Copyright© ボウリング【投げ方】フォーム研究所 , 2018 All Rights Reserved.