ボウリング投げ方講座

ボウリングボールの選び方【重さ】私は何ポンド?

更新日:

ボウリングを楽しむ際に重要な要素となるのが指を入れるための穴の位置とボールの重さの選び方です。

マイボールを購入する場合は穴の位置にこだわり、場合によってはオーダーメイドで穴を開けてもらうことも可能です。

その一方でレジャーでボウリング場でレンタルされる通称ハウスボールと呼ばれているボウリングボールを利用する場合には選べる種類が限られており、穴は多くの利用者に対応するために標準的な位置かつ少し大きめに開けられていることが多いからこそ、重さの選び方が重要です。

ボウリングボールの表面には番号が表記されており、例えば10であれば10ポンドを表しており、1ポンドを454グラムで計算すると10ポンドは4540グラムとなります。

また、ハウスボールの場合は管理番号が表記されていることもあり、もしも気に入ったボールを見つけたらその番号を覚えておけば次回利用する際に同じボールを探してプレイする時に役立ちます。

多くのボウリング場では小さなお子様が利用する6ポンドのものから大人の中でも特に力が強い方が利用する16ポンド程度のものが取り揃えられています。

一般的には体重の10分の1程度が良いとされ、成人であれば男性は12ポンドから15ポンド程度、女性は7ポンドから12ポンドが目安と言われていますが、個人差があるためそこはこだわらずに自身に合った重さを選びます。

指穴を確認!

まずは3つの穴に中指、薬指、親指を入れて周囲に人がいないことを確認してからレーンに投げることをイメージして軽く振り、上手くコントロールできるか、指が簡単に抜けてしまわないかなどを確認します。

前述のように多くの人の利用が想定されているレンタルのボールは穴が大きめに開けられているケースが多く、指を入れてから中央に向かって握るように力を込めてしっかりとボールを持てることを確認し、もしもここで腕に負担を感じたり、指から抜けてしまうような感覚があれば軽いものに変えます。

穴の位置や大きさにはバラつきがあるケースもあるのはもちろんのこと、色やデザインの好みも含めて少なからず相性があり、ボウリングをよりエンジョイするためにも時間が許す限り自分に合ったボウリングボールを見つけたいところです。

本格的に追及するならば投球スタイルやレーンコンディションによって変わり、強く早いボールを投げるケースには重いボールを、カーブを掛けるなどテクニックを重視する場合にはやや軽めのボールを選択することもあります。

一般的にはやや重いボールを選択したほうが、投球時に腕を引いてからボールの重さを利用して勢いを付けて投げることで直進性を安定させながら力強いスローとなりストライクを取りやすい傾向にありますが、だからと言って腕を痛めてしまっては本末転倒で自身の重さが決められていない場合にはまずは軽いボールからスタートし慣れてから徐々に重さを変えていくのが無難です。

また、レーンコンディションによっても大きな影響があり、ボウリングボールの表面のオイルの付着や汚れの具合によって相性があるため可能であれば複数のボールを試してベストなものを選びます。

まずは腕への負担を少しでも少なくして怪我無く楽しくボウリングを楽しむのはもちろんのこと、スコアアップをしてエンジョイするためにも自身に合ったボウリングボールを選びたいところです。

いずれ慣れて来れば自身にとってベストなボウリングボールが決まれば、以降は表記されている数字を見てすぐにボールを選び、プレイそのものに集中して楽しめるようになります。

ここで培った知識やノウハウは、将来的にマイボールを購入したりオーダーメイドで作ることがあれば貴重なデータとして大いに役立ちます。

【関連記事】

初ボウリングマイボールを購入する時の選び方まとめ

-ボウリング投げ方講座

Copyright© ボウリング【投げ方】フォーム研究所 , 2018 All Rights Reserved.