ボウリングのコントロールを良くする方法

ボウリングコントロール向上だけではない!?以外な落とし穴とは?

更新日:

ボウリングコントロール向上は、ボウリングを楽しむうえで非常に重要な命題といえます。

そもそも、コントロールが悪ければゲーム自体を楽しむことはできないはずです。

自分自身で楽しむならば特に問題はありませんが、人と競う場合はコントロールが悪ければ自分自身が家にあるだけでなく相手に申し訳ない気持ちになってしまうでしょう。

そこで、コントロール向上させるためにどのようなことをしたらよいかを知っておきましょう。

まず、コントロールをうまくするためにはちょうどよい大きさのボールを選ぶことが必要になります。

ちょうど陽気さのボールは自分が持って見て実際に投げてみないとわかりませんので、一緒に行った友達と同じ重さのものを選んだとしてもそれが自分にとって良い結果を生み出すとは限りません。

一方で、ちょうどよいものを選ぶことができたならば、結果的に自分にとって良い結果を出す可能性が高くなるでしょう。

このように考えると、よいボールを持つことがまずは重要な課題の一つと言います。

これに関しては、実際に自分で持ち上げてみて判断するしかありませんのでまずは実践が重要になるところです。

何種類かのボールで試してみて結果的に一番良いと判断できるものに関して使い続けるのがよいでしょう。

次に、姿勢が重要になるところですが姿勢は人によって若干変わってくるところです。

プロでも全員同じ体制で投げているとは限らず、その人によって一番良い投げ方があります。

チャンピオンといわれる人でも、実は人と違った変わった投げ方をしている傾向がみられることも少なくありません。

ただ間違いないのは、そのような人のやり方を真似したとしても自分がその人と同じだけの技量を身につけることができるわけでもなく、結果を出せるわけがないことです。

そうだとすれば、まず自分自身の口をつかむことが最重要になるといっても過言ではありません。

自分の癖とは、まず体が曲がっていないかを確認することが重要になります。

身体の軸がぶれていると、基本的にはボールも曲がってしまう可能性が高いからです。

そこで、自分の姿勢などを人から聞いてわかっていないか確認をするようにしましょう。

自分一人で練習している場合には難しいかもしれませんが、ほかの人と一緒にしている場合は何らかのアドバイスをもらえるはずです。

特に自分よりも先輩の人ならば、より適切なアドバイスをくれる可能性が高いです。

細かいところをいえば、腕の曲げ方などを調整することが重要になるでしょう。

投げ方は、体の軸をぶれないようにすることです。

体の軸がぶれてしまうと、まっすぐ前にいかず斜めに行くことが多くなるためです。

指先なども、注意をする部分の1つと入れますがどのような部分に注意をしたら良いかと言えば指先の方角を定めることです。

このように考えれば、やはり、他の人と同伴で行き自分の姿勢がどのようになっているかを見ることが重要になるでしょう。

それ以外に重要な事は、イメージトレーニングをすることになるでしょう。

人間は、見えるところばかりを気にしてしまいそこに力を注ぐ癖がありますが、必ずしもその方法が良いわけではありません。

やはり、目に見える部分だけではなくイメージの部分も力を入れなければならないと考えるべきでしょう。

イメージをする場合には、まずプロの選手の動画などを見てモチベーションを高める必要があります。

プロの選手は、おおよそ似たような格好でボールを投げていますのでまずはそこから学ぶことが大事です。

それでは、自分の考えている事は現実化すると心の中で信じることも重要になります。そのためには、ボーリング以外でも成功体験を積むことが重要になるでしょう。

-ボウリングのコントロールを良くする方法

Copyright© ボウリング【投げ方】フォーム研究所 , 2018 All Rights Reserved.