ボウリング投げ方講座

ボウリングのコツ!初心者女子でも恥ずかしくないフォームとは?

更新日:

ボウリングの初心者女子はボールの投げ方が分からず、ピンに当たらなかったり横の溝に落ちてしまうことがよくあります。

なので、楽しい娯楽ではないと思っている人も大勢います。

男性としてはバコンっとピンを破壊する姿を見せてカッコつけたいし、女子にやさしく教えてあげるのも仲良くなるための秘訣ですよねw

女子にもある程度うまくなってもらって、一緒に趣味として投げるってのも最高じゃないですか?

女子諸君は男性みたいに力がなくても大丈夫ですよ!

初心者女子でも恥ずかしくないフォーム

初心者女子でも恥ずかしくないフォームをするコツとして、ボールを投げようと意識しないことがあげられます。

体や腕に力が入ってしまうと、おかしい体勢になってしまいコントロールが効かなくなります。

多くの人は、重いボールを投げるような感覚でボウリングをしています。

特に女性は正しいフォームで投げないと、力が入りにくく遠くまで思った通りに投げることができなくなります。

気を抜いて投げれば良いということを覚えておくと便利です。

コントロールはフォームが正しくないと良くならないということも覚えておきます。

初心者女子にはなかなか難しいことですが、フォームがバラバラだとスコアも安定しなくなります。

無理のないフォームでの投げ方を意識します。

全く分からない場合、隣のレーンの人を見ながら投げるのも一つの方法です。

自然な振り子運動を意識する投げ方が最適です。

初心者女子でも恥ずかしくないフォームのコツがいくつかあります。

まずは、脇をしめて投げることです。

野球やゴルフの練習の際もよく監督に言われることですが、ボウリングにも当てはまります。

脇をしめることで体を安定することができ、コントロールを良くすることができます。

脇は体の中心に近いのでボールのピンを倒す力が大きくなります。

体は正面を向いてボールを投げます。

投げ始めから投げ終わりまで必ず投げたい方向に向いておくことが大切です。

違う方向を見ているとコントロールが効かず、投げる場所にばらつきが出てしまいます。

詳しくはこちらでも解説しています。

ボウリングが左に曲がる…まっすぐ投げたいあなたは必見です!

ボウリングでコントロールが安定するとスコア安定は嘘!?

ボウリングのリリース時の手首の意識はとても重要です。

ボールを持つときの親指の方向と手首のひねり具合、投球直後の動作の3つの要素に分けられます。

まず手首のどのような状態でボールを保持するかですが、親指が10時の方向の場合はそのままの状態で振り抜きます。

しかし、親指が12時の方向に向いている場合は反時計回りに10時の方向に手首を回すのがポイントです。

この時にハンドルのように回してしまうと、投げる時のエネルギーが少なくなるので注意が必要です。

指に力を入れすぎると手首を痛めてしまう原因にもなるのでボールを持つ時にも軽く握手する感覚で待つことが大切です。

フックボールは手首をヒネるのは嘘!?リスト固定して投げるべし!

しかし自分に合わないボールであれば、持ちにくいので自然体力が入ってしまいます。

なので自分に合ったボールを選ぶようにします。

投げやすいかどうかの判断基準は重さや指穴です。

たくさんあるボールに1つ1つ指を入れてみて、実際に持ってみます。

中指と薬指を穴に入れてみて、その2本で持ち上げることができれば自分に合っているボールということです。

初心者女子は、軽いボールの方が投げやすいので自分の体重の10分の1を目安にして探してみることができます。

ボウリング場のハウスボールでストライクを取るコツを伝授!!

ボールを投げる際に投げた後どのようなコースを通っていくかをイメージすることも助けになります。

ただやみくもにピンに向かって投げてもうまくいかないからです。

ボールコースをイメージすることが大切です。

1投目はストライクを狙うつもりで真ん中のピンまでまっすぐなコースを思い描きます。

2投目からは、余ったピンの中で一番前のピンを狙うコースを思い描きます。

思い描くことで力の入れ具合やどのような向きで投げれば良いのかなどイメージすることができ、自信のある初心者女子でも恥ずかしくないフォームができます。

初心者はどのように投げれば良いのか分からないので不自然なフォームになりがちですが、自分の一番投げやすい投げ方で自信を持って投げることが大切ですよ♪

-ボウリング投げ方講座

Copyright© ボウリング【投げ方】フォーム研究所 , 2020 All Rights Reserved.