ボウリング投げ方講座

ボウリングでは骨盤の向きを意識することでスランプ解消!!

更新日:

ボウリングでは骨盤の向きを意識することでスランプ解消になる事も考えられます。

ボウリングは非常に体に負担がかかるゲームで全ての動作が普段しない動きをすることになると考えて良いでしょう。

当然長くすればそれだけ骨盤などがズレてくることが考えられます。

特にプロになるような方の場合は相当な練習をしているでしょうから、そのような方になると体のケアもプロとして考えなければならないという事になります。

骨盤がズレてしまうとどのような事が起きるのかというと、まずはそのズレを修正しようとして他の部位もズレるという事が起きます。

そしてそのズレをさらに別のところがカバーするという事をするようになるので、連鎖的に体の部位がズレていくという事が起きて、最終的にはフォームまで変わってくるというような事にもなります。

【関連記事】

ボウリングでストライクを取る投げ方とは?華麗なフォーム7つのポイント!

当然それまでのような投げ方は出来なくなるので、スコアも落ちてくるということになりますし、体は痛みなど感じるぐらいの症状となる事も珍しいことではありません。

特にフォームが固まってしまつた後で骨盤がズレるような事になれば、昔のように投げるという事はまず出来ないと考えた方が良いでしょう。

骨盤はズレたままにしていると、そのまま状態が悪化していく傾向があるという事があります。

というのはそのズレたところをさらにケアするようになることがあるからです。

痛みなどがある場合には特にその傾向が顕著に出る事があって、その部分を使わないようにして投げるというような事をするようになったりもします。

ですから、このズレを正常な位置に戻すという事には大きな意味があるという事が言えるでしょう。

まず健康面で痛みが解消するという事が大きなメリットということになりますが、痛みが取れるというだけではなく、体のバランス感覚も元に戻るようになります。

基本的に人は必ずバランスをとるようにして体を支えるという事をしているので、その為どこかが悪くなるとその部位をカバーしてバランスを取って他の部位を調整するという事をするわけで、これが続けば様々なところで支障が出るという事は当然という事になります。

人の神経などは正常な位置に骨がある事を想定して通っているので、この位置がズレてくればすぐに痛みなどの信号を発するようにしているわけです。

この痛みというのは体に危険な事が起きているというサインなので、この信号を無視するような事はしてはいけません。

まずこの信号を感じたら練習などは切り上げてそっと何もしないようにするという事が基本です。

痛みを感じているという事は体に大きな変化が起きているということで、それは痛みを感じるぐらいの物となっているという事です。

骨の位置は知らない間にズレているという事もあるぐらいですから、それが痛みを感じるぐらいまでズレるということになれば、相当な事になっていると考えた方が良いでしょう。

そのため、早期に治療をするという事を始めるべきということです。

早期に治療すればするほど完治までの時間は早いという事にもなります。

手遅れになればもうそのような処置をすることすらできないというケースもあるわけで、その場合には別の方法を考えなければならないという事も考えられます。

場合によっては引退などの事も考える必要があるかもしれません。

それぐらいにボウリングはセンシティブな競技でもあるという事がいえるかもしれません。

体に負担がかかるという事は、見ていてすぐに分るでしょう。

何一つ普段するような動きでは無いわけですから、そのような事をするために人の体は出来ていません。

ですから、そのような事を続けていれば、当然体には大きな負担がかかっているという事を自覚する必要があります。

-ボウリング投げ方講座

Copyright© ボウリング【投げ方】フォーム研究所 , 2018 All Rights Reserved.